外壁塗装 神奈川 口コミ > 基礎知識 > 外壁塗装に適した季節は

外壁塗装に適した季節は


外壁塗装の時期は

家やビルなどの建物の外装は日々の紫外線、雨風にさらされて次第に汚れや色あせなどが目につくようになります。
場所によっては塗装が浮きあがっていたり一面剥がれ落ちたりと修繕をしなければいけない状態になってきます。

そうなると外壁塗装のリフォームが必要となってきますが、外壁塗装のリフォーム時期はどの程度なのでしょうか。
一般的に建設業界で言われているのが築10年を目安にすることです。

家は新築の瞬間から風化・劣化が始まり築10年くらいで様々な問題が見えてくることから外壁塗装も築10年を目安にリフォームするのが良いとされています。
また、一般的に外壁塗装の塗料が10年くらいで劣化するためこの時期をリフォームの目安としています。
ただ、塗料の劣化に関しては立地条件や寒暖差で大きく変わりますのでまずは塗装の状態で判断するようにしましょう。

家電製品や住宅用品でもだいたい10年を目安に問題が出てくると言われています。家電や住居用品なら買い換えでもいいですが家は丸ごと買い換えるわけにはいきませんからリフォームが必要になるということですね。

外壁塗装の季節はいつがいい?

次に外壁塗装に適した季節について説明していきたいと思います。
外壁塗装を実施する季節は依頼主側・施工業者側双方にとってとても重要になります。

一般的には6月から7月の梅雨の時期は外壁塗装には適さないと言われています。
梅雨がなぜ適さないかを知れば塗装に適した時期も自ずと見えてきます。

外壁の塗装には当たり前のことですが塗料を使用しますよね。
この乾燥する前の外壁に塗った塗料に雨水が付着すると塗料が流れ落ちたり滲みになってせっかく塗った塗装が台無しになってしまいます。

外壁塗装を乾燥させる時間は長く必要ですが梅雨時の場合塗った日に雨が降っていなくても雨の日が多い為乾燥を妨げてしまうので梅雨時は適さないということになります。

ではいつが最も適しているのでしょうか。
ずばり最も適しているのは10月~11月の秋でしょう。
8月~9月も雨が少なくて気温も高く乾燥は速いのですが養生などで窓をふさいだ状態で屋内がかなり暑くなりエアコンの使用頻度が上がってしまうなどの点からも、雨が少なくて気温も穏やかな10月~11月がベストと言われています。
もちろん、この時期以外でも外壁塗装は可能ですので工事業者としっかり打ち合わせをして行うようにしましょう。

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます!

外壁塗装 神奈川 口コミランキング

1位外壁.com

施工実績は47,000件以上の日本全国に対応している安心の外壁塗装業者です。

  • ネットの見積金額と同じで安心
  • 見積もりシミュレーション特許取得
  • 専任の外壁アドバイザーが対応
住所 兵庫県神戸市中央区浜辺通4丁目1番23号 三宮ベンチャービル7F(全国対応)
電話番号 0120-676-383

公式サイトはこちら

2位ユーコーコミュニティ

国際規格であるISO9001の認証も取得しており最高級フッ素塗料を用いた塗装工事を得意としている外壁塗装業者です。

  • 安心の創業50年
  • 最高フッ素塗装工事実績10年連続受賞!
  • 最長10年の保証付き!
住所 神奈川県厚木市旭町4-1-2 1F
電話番号 0120-81-0344

3位イシヅカ塗装工業

  • 中間業者が入らずないからお値打ち価格
  • 悩みによって柔軟に対応!
  • 丁寧な仕事内容!
住所 神奈川県横浜市磯子区丸山1-34-6
電話番号 045-350-4777

基礎知識

外壁塗装取扱店の評判


徹底比較ランキング